司法書士試験対策〜2018年ラスト1か月の過ごし方〜

2018.12.03 Monday 10:00
0

    こんにちは。

    中村司法書士事務所の上野です。

     

     

    平成30年度司法書士試験の最終合格発表も終わりましたね。

    泣いたり笑ったり、、試験ですから色々なことがあったと思います。

    次年度の合格を目指そうと決意された受験生の皆様、心より応援しております。

     

     

    筆記試験合格発表からおよそ2か月が過ぎましたが、

    受験生の皆様、ご自身の勉強計画は順調にこなせておりますでしょうか?

     

     

    お仕事をされている方は、

    年末多忙な中でなかなか予定通り勉強が進まないこともあったりしますよね。

    また、年末の浮かれムードの中で、横槍や誘惑などたくさんあるかと思います。

     

     

    勉強は予定通りには進まないものですね、、

    私自身、エンジンがかかるのが遅い性格でして毎年年内学習の内容に後悔しておりました。

     

     

    そんな受験生の皆様へ、「2018年ラスト1か月の過ごし方」について、

    私自身の経験から少しお伝えさせていただきます。

     

     

    1.年内学習の特徴

     

    まず、「年内学習」と年明けからの学習」には質的な違いがあると思っています。

    年明けからはやはり、

     

    1)アウトプット(=過去問や1問1答集などをメインに据え置く)

    2)周回学習(=全範囲をとにかく回す)

     

    が基本となってきます。

    また4月からの直前期からは、予想論点や未出論点対策が中心となります。

     

     

    つまり、「学習の自由度はあまりないな、、」というイメージですね。

    (逆に言えば、やることはほぼ決まっているということですね)

     

     

    それに対して、年内学習には比較的自由度がありますので、

     

    1)苦手・マイナーテーマの克服に充てよう

    2)いつも後回しで時間がなくなる刑法や憲法、供託法に充てよう

    3)民訴を理解しよう

    4)苦手な書式を克服しよう

     

    などなど、「自由にカスタマイズすることができる!」というイメージです。

     

     

    2.ラスト1か月の過ごし方

     

     

    1)学習計画を立てる

     

    学習計画を立てていない方は、

    まずは計画を立てることに十分な時間を割いてみてください。

     

     

    焦る気持ち・少しでも先に進みたい気持ちはとてもよく分かります。

    しかし、「木を見て森を見ず」の状態で、結局全範囲の学習が終わらない

    なんてことにもなりかねませんので、しっかりと学習計画を立てましょう。

     

     

    逆に言えば、学習計画に十分な時間を割ける最後のチャンスが「今」だと

    いうことですね。

    復習にもなりますので、じっくりと学習計画を立ててみてはいかがでしょうか?

     

     

    2)本年度の復習をしてみる

     

    本年度の本試験の復習・反省をしていない方は、

    解説本などを読み、以下のような視点で自己分析をしてみてください。

     

     

    ・どこで、何を、どのように間違えたのか

    ・知識が不足していたのか、理解が違っていたのか、早とちりなのか、

    ・そもそも解答不可能レベルに難題だったのか(いわゆる「捨問」)

     

     

    本年度の問題は、来年度は出題される可能性が低いという受験セオリーも

    あるので、「裏予想」(=出題されない論点を摘出する)にも役立つはずですよ。

     

     

    3)苦手テーマやマイナーテーマを絞って集中学習

     

    私が一番オススメしたいのがこれです。

     

     

    苦手テーマやマイナーテーマは、直前期になるとやっかいな足枷になってきます。

    年内の自由が効くときに少しでも片付けておくのが賢明ですね。

     

     

    ポイントは、「ラスト1か月で確実にこなせる分量・テーマに絞る

    ということです。

     

     

    制限をかけることで、本当に片付けておきたいテーマが浮き彫りになりますし、なによりやり遂げたときの達成感がありますね。

     

     

    私自身、12月で会社法・商業登記法の「組織再編」を集中して学習しました。

    全体像を理解していないと、暗記だけでは到底対応しきれないテーマですので、この1か月間集中して学習しました。

     

     

    なかなか思ったように勉強が進まないこともあります。

    学習計画など、リスケリスケの連続ですし、7割達成できれば御の字です。

     

     

    あとは、「あと1か月」なのか「まだ1か月」なのか、気持ちの持ちようです。

     

     

    「終わり良ければ全て良し」の精神で、年内ラスト1か月を過ごしてみては

    いかがでしょうか?

     

     

    最後までお読みいただきありがとうございました。

     

     

    当事務所では、司法書士受験生ないし有資格者を募集しております。

    お気軽にお問い合わせください。

     

    category:- | by:スタッフブログ | - | -