セミナーに行ってきました〜障害のある子を持つ親が知っておきたいお金の知識〜

2018.11.19 Monday 10:00
0

    こんにちは。

    中村司法書士事務所の上野です。

     

     

    いつも仕事でお世話になっているファイナンシャルプランナーの方が

    講師をされるとのことで、広島県呉市に行ってきました。

     

     

    もちろん、例のごとく、”弾丸日帰りツアー”でした、、笑

    始発の電車に乗り、午前7時の羽田空港発のフライトで向かいました。

     

     

    開始時刻が午前9時半だったのですが、レンタカーを飛ばし、

    何とか間に合うことができました。

    仕事の都合上、前泊はできなかったのですが、意外と何とかなるものですね、、笑

     

     

    今回はゆうちょ財団様主催のセミナーで、

    タイトルは「障害のある子を持つ親が知っておきたいお金の知識」です。

     

     

    障害のあるお子様がいらっしゃるご家庭に向けて、「親なきあと問題」

    についての講義でした。

     

     

    内容としましては、「親なきあと問題」について、

    1)ライフプランニング 2)資産運用 3)成年後見や民事信託などの各種制度

    の3つの切り口から、事前対策の重要性のお話でした。

     

     

    特に、1)ライフプランニングについて、

    自身や子供の人生を「時間軸」で「みえる化」し、

    また、ライフイベントごとにかかる「お金」を「みえる化」することが、

    いかに重要なことか分かりました。

     

     

    人生を「時間軸」で「見える化」することで、

    漠然とした人生を俯瞰して捉えることができますし、

    自分の夢や、子供にしてあげたいことが、より鮮明になりますね。

     

     

    また、「お金」を「見える化」することで、

    「いつまでに、いくら貯蓄していないといけないのか?」が分かり、

    さらに、一月あたりの貯蓄額まで算出できます。

     

     

    こうした工夫で、「漠然とした不安」が、「目に見える不安」になり、

    「不安」が「目標」に変わり、いつの間にかに霧が晴れているのでしょう。

     

     

    また、我々司法書士は、3)成年後見や民事信託などの各種制度には精通しておりますが、

    2)資産運用には、全く明るくありません。

     

     

    今あるお金を減らさずに、いかに効率的に運用して、子供に残していくのか?

    その観点が無いと、「親なきあと問題」の対策は絵に描いた餅になってしまいます。

     

     

    「親なきあと問題」は、お金や障害福祉、成年後見や信託制度など、

    多岐に渡る知識とサポートが必要なのだと、改めて実感しました。

     

     

    セミナーを受講し終わったあとは、

    車を走らせて、尾道ラーメンを食べにいきました。ゴリゴリの背油、最高でした。

     

     

    これからも、障害福祉関連のセミナーに参加していこうと思います。

     

     

    当事務所でもセミナーを開催しております。

    随時セミナー情報をホームページにアップしていきますので、お気軽にお問合わせください。

     

     

    最後までお読みいただきありがとうございました。

     

    category:- | by:スタッフブログ | - | -