遺言は相続の手続きをスムーズにします

2018.11.12 Monday 10:00
0

    おはようございます。

    中村司法書士事務所の南です。

     

    以前にいらしたお客様で、お子さまのいらっしゃらないご兄弟がお亡くなりになった相続のお手続きのご依頼がありました。

     

    すでにご両親はお亡くなりになっているため、ご兄弟が相続人となりますが、10人以上のご兄弟で、またほとんどの方がお亡くなりになっているため、そのお子さまが相続人となり、すべての相続人の戸籍を集めるのに、かなりのお時間がかかりました。

     

    お亡くなりになった方は遺言を残していらしたので、全ての相続人の方の戸籍を集めるだけで済みましたが、もし遺言を書いていらっしゃらなかったら・・・

     

    相続人全員の戸籍を集めるだけではなく、遺産分割の協議に応じていただけるようお願いしないといけません。

     

    一人でも応じていただけないと、手続きが全く進まなくなってしまいますし、財産の分配で揉めてしまうことも考えられます。

     

    その労力と費用を考えますと、生前に遺言を書かれておかれる労力と費用のほうが、はるかにかからないで済みます。

     

    遺言を書くのは、面倒だし、ご費用もかかると思われている方もいらっしゃると思いますが、ご自分がお亡くなりになったあと、残されたご家族が争いになったりせぬよう、この機会に遺言について考えるきかっけになっていただければと思います。

     

    次回は、「遺言を残すメリット・遺言を残さないデメリット」について書きたいと思います。

     

    遺言など相続対策のご相談などございましたら、どんな事でもお気軽にお問い合わせください。

    category:- | by:スタッフブログ | - | -