司法書士事務所で働いてみよう〜不動産登記事項証明書を読んでみようァ

2018.05.07 Monday 10:00
0

    こんにちは。

    中村司法書士事務所の上野功二です。

     

     

    今回も、司法書士事務所で実際に働いてみたい方(主に司法書士受験生

    または有資格者の方が対象になると思います。)に向けた情報を発信し

    ていきたいと思います。

     

     

    前回は、不動産登記事項証明書の「読み方」のうち

    【権利部(乙区)(所有権以外の権利に関する事項)】の読み方を、

    ご案内させていただきました。(以下、「登記事項証明書」とします。

     

     

    今回は、【共同担保目録】についてご案内させていただきます。

     

     

    前回同様、以下の見本を参考にして説明をしていきましょう。

    (法務省より引用 http://www.moj.go.jp/MINJI/minji162.html

     

     

     

    まず、【共同担保】とは何でしょう?

     

     

    法律的には、

    「同一の債権の担保として、数個の物の上に設定される担保物権のこと」

    と表現されます。

     

     

    なかなかに分かりづらいですね、、、

     

     

    そこで、まずはイメージをもってもらうために、

    ここでは、以下のように言い換えをします。

     

     

    「同一の債権」→「同一の債務※」→「借金」→「住宅ローン」

    ※貸手からすれば債権、借手からすれば債務と言えますね。

     

     

    「担保物権」「抵当権※」

    ※抵当権は、担保物権の代表格です。

     

     

    「物」「不動産※」

    ※不動産以外にも担保に供することはできますが、不動産が代表格です。

     

     

    すると、、、

    「住宅ローンの担保として、数個の不動産の上に設定される抵当権のこと」

    となります。

     

     

    もっともっと分かりやすく言えば、

    「住宅ローンのために、複数の不動産を金融機関に担保として提供すること」

    となります。

     

     

    さきほどの表現よりはだいぶイメージしやすくなったかと思います。

     

     

    金融機関は、貸し付けたお金が返済されなかった場合に備えて、

    貸付金額に見合う担保を確保する必要があります。

    そこで、複数の不動産を担保にとることがあるのですね。

     

     

    住宅ローンの場合は、購入した土地と建物の双方を担保にとることが

    一般的ですね。

     

     

     

     

    では、【共同担保目録】とは何か?

     

     

    もうお分かりかと思いますが、

    「金融機関に、ローンの担保として提供した複数の不動産のリスト」

    のことであります。

     

     

    どの不動産と不動産に共同担保関係があるのかは、

    金融機関をはじめとして、債権者にはとても重要な情報です。

     

     

    そこで、登記事項証明書には、共同担保の目的たる不動産を明らかにした

    共同担保目録が記録されるのですね。

     

     

     

     

    では、上記見本を使って、実際に読み解いてみましょう。

     

     

    1.【権利部(乙区)】の、抵当権の欄を見てみる。

     

    見本では、平成20年11月12日受付第807号の抵当権

    が登記されていることが分かります。

     

     

    2.抵当権の欄の、共同担保目録番号を探す。

     

    見本では、抵当権の欄に、「共同担保 目録(あ)第2340号」

    の記載を見つけることができます。

     

     

    3.2.と同じ共同担保目録番号を、共同担保目録から探す。

     

    見本では、共同担保目録の中で、「記号及び番号」欄に

    「(あ)第2340号」を見つけることができました。

     

     

    4.共同担保目録の不動産を見てみる。

     

    見本では、

    「特別区南都町一丁目101番の土地」と、

    「特別区南都町一丁目101番地 家屋番号101番の建物」が、

    共同担保関係にあることが分かりました。

     

     

     

     

    いかがでしたでしょうか?

     

     

    実務的に共同担保目録は、

    「その不動産の担保力は?」

    「関係当事者が把握していない不動産はないか?」

    「道路持分を所有していないか?」

    などを調査するのに大変役立つのです。

     

     

    是非、ご自宅の登記事項証明書をご覧になってみてはいかがでしょうか?

     

     

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    当事務所では、司法書士有資格者を募集しております。

     

    詳細は、当事務所求人ページをご覧のうえ、お問い合わせください。

     

    category:- | by:スタッフブログcomments(0) | -
    Comment