終活〜家族の集まるお正月だからこそ。

2018.01.01 Monday 10:00
0

    新年あけましておめでとうございます!!

     

    中村司法書士事務所スタッフの角田です。

    2018年が始まりました。

    元号の「平成」がまるまる一年使われる最後の年になるかもしれませんね。

     

     

    新年に新たな誓いをしてやる気に満ちている方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか?

    私自身も新たな目標を設定して、実現した時の事を想像して笑顔が止まないお正月です(笑)

     

     

    お正月と言えば帰省したり、地元の友人と集まったり、

    何かと普段なかなか会えない人と会ったりする機会が多いのではないでしょうか?

    特に実家に戻り、両親や兄弟姉妹、親族などとゆっくり話す機会も多いと思います。

     

     

    そんな時にちょっと時間を作って大切な方々と終活について話してみるのはいかがでしょうか?

     

     

    お正月の様なめでたい時になんで終活なんて縁起悪い事話さないといけないんだよ!

    と思われるかもしれませんし、

    「明けましておめでとう!」なんて言いながら

    「ところでお父さん、遺言書書いてよ!!」なんて言いづらいですよね(笑)

     

     

    終活、遺言、介護、相続などはどうしてもプラスのイメージではなく、

    なんとなく縁起が良くないようなマイナスのイメージをもっている方が

    多いので言い出しづらくなっているのかもしれません。

     

     

    具体的な事を決めたるするのではなく、

    ご両親や家族が老後の事や今後をどのようにに考えているのか?

    また終活についてどんなイメージを持っているか?

    など軽い所から良いので、色々話してみるのはいかがでしょうか?

     

     

    家族ってなかなか難しくて、ほんとに大切な人だからこそ、

    聞きたくても聞けなかったり、

    言いたくても言えなかったりする事などが沢山あると思います。

    普段は忙しくてなかなかゆっくり話したり考えたりする時間も取れないと思いますので、

    お正月のちょっとゆくっり出来るっ時間だからこそ、

    色々家族で話してみるのはいかがでしょうか?

     

     

    もしかしたら自分が思っている以上に老後や病気になった時の事考えていたり、

    実は遺言書作成してあったり(驚き!)するかもしれません。

     

     

    大切な家族ですから、もしもの時に備えて、

    家族で色々価値観を共有したりするのはとても大切な事ではないでしょうか?

     

     

    家族や大切な人のもしもの時を想像するのは苦しい作業かもしれませんが、

    本当に大切な家族だからこそ、もしもの時に備えて、準備しておきましょう。

     

     

    もしもの時を考えるのは縁起の悪い事ではなく、むしろ大切な家族を困らせないで、

    家族の幸せを考えるなら必要不可欠な事だと思います。

     

     

    私も両親と色々話してみる予定です。

    皆さんも少しだけでも大切な家族と終活やもしもの時の事を話してみるのはいかがでしょうか?

     

     

    当事務所でも今年はより一層終活の分野に力を入れて、お役にたつ情報を発信したり、

    皆様が気軽に相談できる終活の窓口になれる様にしていきます。

     

     

    今年も引き続き一年間よろしくお願い致します。

     

     

    終活の事やお困りごとのご相談はお気軽にこちらまで。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    category:- | by:スタッフブログcomments(0) | -
    Comment