共有者がたくさんいる土地の一部事項証明書が登記中で取得できなかったら・・・

2019.07.08 Monday 10:00
0

    おはようございます。

    中村司法書士事務所の南です。

     

     

    所有権移転や抵当権設定など登記を申請する前の確認(差押え等の登記が入っていないだろうか?等)のためや、登記完了後にお客様にお渡しするために謄本(登記事項証明書)を取得しますが、共有者がたくさんいる土地等では、他の共有者の方の登記が申請をされてしまっていると、登記中のためロックがかかってしまい、謄本(登記事項証明書)の取得ができなくなってしまいます。

     

    登記申請のする方の一部事項証明書なら取得できないだろうかと、その土地の管轄の法務局の認証係で取ろうとしてもできない場合もあります。

     

     

     

    しかし、そこで諦めてはいけません!

     

     

     

    その土地の管轄の法務局の権利係に連絡をして、必要な所有者の一部事項証明書の取得依頼をすると、登記中でロックがかかっているものでも、取得は可能です。

     

     

    これは「強制出力」と呼ばれています。

     

     

    この「強制出力」は、謄本を出してくれる窓口の認証係に依頼しても、取れないのはなぜでしょうか?! 

     

    なぜかというと、謄本を出してくれる窓口の認証係は 、民間委託されている業者の方なので、強制出力のことを知らなかったり、また「強制出力」するためのロックを外す権限がありません。

     

    なので「強制出力」で一部事項証明書を取りたい場合は、直接権利係にお願いしてみてください。

     

     

    何かお困りなことなどございましたら、お気軽に弊所までお問い合わせください。

    category:- | by:スタッフブログ | - | -