令和元年か?令和1年か? 〜改元に伴う登記事務の取扱いについて〜

2019.05.13 Monday 10:00
0

    おはようございます。

    中村司法書士事務所の南です。

     

     

    新元号「令和」となり、明日で2週間経とうとしています。

     

     

    法務局からは

     

    「改元に伴う登記事務の取扱いについて」

     

    が発表されました。

     

     

     

    不動産登記及び商業・法人登記等

     

    元号を改める政令(平成31年政令第143号)の施行日(本年5月1日)以降は、登記簿における年の表記(*1)は、原則として、「令和1年」と表記されます(*2)。

     

    また,登記に関する証明書(例えば,登記事項証明書等)の認証日付・証明日付や登記識別情報通知書の通知日付等は、原則として、「令和元年」と表記されます(*3)。

     

    *1 具体的には、登記簿上の登記の日付、受付年月日、登記原因の日付、会社(法人)成立の年月日等が「令和1年」と表記されます。


    *2 この例外として、電子化されていない登記簿においては、登記の日付、受付年月日、登記原因の日付等が「令和元年」と表記されます。


    *3 この例外として、登記簿謄抄本の作成機器等の変更に時間を要している登記所においては、本年5月1日以降も、やむを得ず、認証日付・証明日付の年の表記が「平成31年」となる場合があります。なお,認証日付・証明日付の年の表記が「平成31年」であっても、証明書の効力が変わることはありません。

     

     

     

     

     

     

     

    成年後見登記

     

    証明日付及び登記事項に関する日付(生年月日、裁判確定日、作成年月日、登記年月日等)は「令和元年」と表記されます。

     

     

     

    動産譲渡登記及び債権譲渡登記

     

    証明日付及び登記事項に関する日付(登記原因の日付、登記の存続期間の満了年月日、登記年月日等)は「令和1年」と表記されます。

     

     

     

    登記申請書等における年の表記について

     

    登記申請書における申請の年月日や登記原因の日付等の元号の表記は,本年4月30日以前の日付を記載する場合には「平成◯年」、本年5月1日以降の日付を記載する場合には「令和1年」と記載する(*)。


    また、登記申請書に添付する書面(例えば、契約書、協議書、議事録、委任状等)については、「平成」と記載されていても、これに相当する改元後の年が記載されているものとして取り扱われ、登記の申請に際して元号を修正する必要はありません。

     

    *本年5月1日以降の日付における元号の表記を「平成」として申請された場合であっても、そのことを理由に申請を却下することはなく、これに相当する改元後の年が記載されているものとして取り扱われます。また、初年について、「令和元年」と記載して申請された場合であっても、そのことを理由に申請を却下することはなく、これらの場合において、補正を求めることはありません。

     

     

     

     

    上記のように、「令和1年」と「令和元年」と表記されるものが混在するようで、統一しないんだ・・・というのが正直な感想でした (^^;)

     

     

     

    では、新元号に変わりましても、何かお困りなことなどございましたら、お気軽にお問い合わせください。

     

    category:- | by:スタッフブログ | - | -