司法書士試験対策〜「見える化」でヤル気アップ!〜

2019.02.11 Monday 10:00
0

    こんにちは。

    中村司法書士事務所の上野です。

     

     

    早いもので、ついこの間お正月だったのに、もう2月中旬ですね。

     

     

    司法書士試験受験生の皆様、いかがお過ごしですか?

    学習計画は順調ですか?

     

     

    新年が始まった頃は、

    「よしっ!がんばるぞ!今年の自分は一味違うぜ!」

    と意気込んでいても、何か月もモチベーションを持続するのは

    なかなかに難しいですよね。

     

     

    そう、いわゆる「中だるみ」をどう克服していくか、という問題ですね。

     

     

    2月〜4月の直前期をダラダラせず計画的・効率的に学習することで、

    4月以降からの「超」直前期に、良いリズムで突入することができます。

     

     

    4月以降は、「あーだこーだ」悩んでいる時間はありませんからね。

    今のうちにしっかりと学習体制を整えていきたいですね。

     

     

    ではどのようにして、「中だるみ」を克服したら良いのでしょうか?

    私の経験から少しお伝えさせていただきます。

     

     

    【「見える化」でヤル気をチャージしよう!】

     

     

    少し前から色々な業界で唱えられている「見える化」

     

     

    目標達成や現状分析などを、グラフや数値を用いることで視覚化して、

    より具体的なアクションに落とし込んだり、達成感を得たりできる、という概念ですね。

     

     

    フィットネスジムやウエアラブル端末などでも導入されていますよね。

    漠然と運動するのでは辛くて面白くないが、

    目標が、あらゆる数値で見える化できると、ゲーム感覚で、

    「さぁ、次のステージだ!」とヤル気になりますよね。

     

     

    私は受験生当時、この「見える化」を学習に取り入れようと思いつき、

    友人からの紹介で、このアプリを導入しました。

    使われている方も多いのではないでしょうか?

     

     

    「Studyplus(スタディプラス)」

     

     

    高校生の間では、大学受験対策としてかなり普及しているようですね。

    このアプリは正確には、「学習管理SNSアプリ」であり、以下のようなことが可能になります。

     

     

    1.学習計画管理

    2.進捗状況がグラフで把握できる

    3.参考書の一括管理

    4.SNS機能で、学習記録をタイムラインで報告

    5.同じ目標のユーザーと繋がれる

    6.同じ参考書を使用しているユーザーと繋がれる

     

     

    自分の学習計画が見える化することで、

    学習に偏りがないか分析できますし、達成感も得られます。

    また、自分の学習経過がタイムラインに流れるので、

    ライバルに見られている気がして、モチベーションUPにも繋がりました。

     

     

    たまに学習記録に「いいね」がつくこともあり、それなりに嬉しかったりしました、、笑

     

     

    常に受験勉強方法は進化しております。

    このようなアプリを活用して、モチベーション維持を図ってみてはいかがでしょうか?

     

     

    具体的な活用方法は、また次回にご紹介させていただきます。

    最後までお読みいただきありがとうございました。

     

     

    当事務所では、司法書士資格者及び受験生を募集しております。

    お気軽にお問い合わせください。

     

    category:- | by:スタッフブログ | - | -